鎌倉本店

全国カレーファンの皆さまこんにちは。

鎌倉シャツ調査隊のけいでございます。本日は朝から密着取材のため鎌倉本店にやって参りました。

鎌倉本店併設「Cafe鎌倉」でご提供している「オリジナルビーフカレー」(サラダ付きで700円)。
皆さま召し上がられたことはありますでしょうか? 何を隠そう、この“噂”のカレーは、
鎌倉本店の奥にある厨房にて、弊社会長・貞末良雄が精魂込めて手作りしているんです。



黒コショウがピリリと効いたこの“スパイシーなカレー”がどのように作られているのか、
今回は会長の許可ももらい材料から作り方まで、本邦初公開!

『良雄会長のオリジナルビーフカレー作り【前編】』はじめます。

まずは、下ごしらえからご紹介。
こちらは毎日多忙な会長に代わって、鎌倉本店のCafeスタッフ・我らがさっちゃんが前日から準備。
寸胴鍋2つ(なんと80人分!)に鶏ガラ2羽を煮込み…玉ねぎ4kgはあめ色になるまで炒めて…
トマトペーストバナナりんごペーストはミキサーで。

 

しょうがにんにくを刻んだら、準備完了です。



そして、ここから我らが主役・会長の登場です!男子厨房に入らずる!



じゃがいも2kgにんじん2kgを、ひたすら刻み続けます。

 


お鍋がコトコト、いい湯気を出しています。



そろそろ、ビーフカレーのメイン・牛肉の登場です!
鎌倉駅から徒歩2分、小町通りにある「東洋食肉店」の牛肉。

 

実はこのカレー…採算度外視!皆さまに美味しいものを食べていただきたい一心で、
牛肉も野菜と同じ大きさの一口大に揃えていきます。



~ここでワンポイント~
牛肉は炒める前に、特製スパイス(黒コショウ・カレーパウダー)で和えて、
牛肉のうまみを逃がさないよう、この段階で閉じ込めます。そばにいるだけで強烈なスパイスの香り。
目も染みてきました。しかし、これが味の決め手!




並行してカレー作りは続きます。
にんじん・じゃがいもが煮えたら、トマトペースト・バナナりんごペースト・あめ色玉ねぎの投入!

 




お鍋が、グツグツしてきたところで…

長くなりましたので、続きはまた明日!【後編】に続きます。お楽しみに!

(けい)