ディレクター・貞末哲兵

皆様、こんにちは。

 

先週のドレスボタンダウンブログに続きまして、

ボタンダウンシャツに関するブログです。

 

テーマはこちら。

 

 

 

今、鎌倉シャツで最も話題のボタンダウンシャツが、この"SPORT"です。

 

実は”SPORT”には3つの意味がありまして、

 

一つは単純にスポーツ、カジュアルなシャツ。

 

二つ目はボタンダウンの原型を忠実に再現、復刻したオリジナル。

 

そして三つ目には、

スポーツに込められるラグジュアリーな側面です。

 

第一に、

ポロ競技に起源を発するボタンダウンシャツは、競技用のスポーツシャツでした。

 

ポロ競技をするのに、襟がバタバタ動くのを防ぐことから発案され、

起源とするボタンダウンは、スポーツ、カジュアルシャツが基本です。

 

第二に、

ボタンダウンの原型は襟などに芯地をつかわない

芯なし仕様」でした。

芯を用いないため、柔らかく、スポーツに適していました。

 

この柔らかい襟のボタンダウンは、とてもエレガントで、美しく、機能的であったため、

瞬く間に世界中のウェルドドレッサーの間に広がりました。

 

第三に、

"SPORT"という言葉には

単なるスポーツ競技ではなく、欧米ではラグジュアリーという意味合いが含まれます。

 

・セレブリティの遊びであるポロ競技

・莫大な費用がかかるスポーツカーを使ったカーレース

・イギリスのウィンブルドンテニス

・アメリカのマスターズゴルフ など

スポーツが持つラグジュアリーな雰囲気は格別です。

 

また、スポーツウォッチもラグジュアリーなものだと思います。

 

ポロ競技の際には、

ジャガールクルトのレベルソというスポーツウォッチを反転

(レベルソは文字盤を反転させると、ケース側が表にくるので文字盤が割れることはないです)

させて、プレーしていたことはあまりにも有名な話です。

 

また、

ウィンブルドン、マスターズゴルフなどのスポンサーにはいつもロレックスがあり、

その歴史には、スポーツと伝統とラグジュアリーが高い次元で交わっています。

 

カーレースといえば、モナコグランプリでしょう。

 

世界中のセレブリティが船で南仏のモナコに集まり、

期間中は一般道をフォーミュラ1のサーキットにしてしまうなど、

特権的で貴族的なラグジュアリースポーツです。

 

欧米におけるスポーツ、スポーツカー、スポーツウォッチいずれもラグジュアリーなもので、

鎌倉シャツの"SPORT"もここに分類したいと考えています。

 

 

 

というわけで鎌倉シャツの"SPORT"は、

上記の意味合いを持ちながら、昔ながらのゆったりしたフィットそのままではなく、

現代的なスリムフィットを用いて作られている、自信作です。

 

 

スーツではなくブレザーやジャケット。

ネクタイはレジメンタルタイやクレストタイが合いますし、

大人な男性が小洒落たレストランでのディナーに着ていかれるととても上品です。

 

 

大人の普段着(カジュアルスタイル)から、

ブレザー、ジャケパンスタイルに特にオススメです。

 

 

 

 

貞末哲兵

 

 

※私と宮澤の、SPORT対談ページ

鎌倉シャツの男性スタッフ参加の、

春のSPORT祭りページも、ぜひご覧ください。